品川近視クリニックの評判、口コミなら

品川近視クリニック の評判.com > 男性20代Kさん・顔つきも変わった20代OL・25歳大学院生

男性20代Kさん・顔つきも変わった20代OL・25歳大学院生

-->

品川近視クリニック 2ch 〜20代男性Kさん〜



20代男性の体験談です。


レーシックに興味を持ち、レーシック関係のHPを立ち上げるまでした彼は、
早くから色々な体験談を集めていたようです。


高校生の時に視力が悪くなり、学生時代はずっと眼鏡をかけていたそう。
社会人になってからは、ソフトコンタクト歴1年・ハードコンタクト歴3年・
使い捨てコンタクトレンズ7年だったそうです。


コストがかさむ上に不便なことに辛さを感じていたある日、
会社で「レーシック体験企画」があることを知り、
いち早く応募したのだそうです。


そして、手術する眼科を日本一の低価格を実現した
品川近視クリニックに決めたのだそうです。


検査のためにクリニックに行くと、平日なのに30人近い患者がいて、
やたら緊張したのがいい思い出だそうです。


手術当日も緊張しっぱなしで、顔が強張ったまま手術室へ行ったようです。
痛くないとか安全だとか言われても、やはり信用できないのが人情とのこと。


しかし、実際は、多少の圧迫感のみで痛みはなく、
あっという間に手術終了となったようです。


手術後の定期検査の結果も良好で、小躍り気分だったそうです。
現在は、多少のドライアイが気になりますが、目薬で対処できる程度のようです。


朝起きて、コンタクトをつけたまま寝てしまったかと
錯覚してしまうこともあったそうです。


いいことだらけのレーシックですが、
手術後しばらく禁酒しなければならないことが唯一嫌だったようです。

品川近視クリニック 感想 〜顔つきも変わった20代OL〜




20代のOLの体験談です。
彼女は、高校生の頃から視力が落ち始め、
20歳になると裸眼での生活が厳しい状況になってしまったそうです。


しかし、眼鏡やコンタクトをする生活に馴染むことができず、
車の運転をする時以外には、極力裸眼での生活をしていたそうです。


とはいえ、目が悪いので、人や物を見る時には
目を細めて見る癖がついてしまったそうです。


そのせいか、周囲から「目つきが悪い」とか「いつも怒っているみたい」と言われ、
悩んでいたそうです。


そんな時レーシックのことを知り、
とりあえずカウンセリング受けてみようと思ったそうです。


最初の内は、手術について疑問と不安でいっぱいでしたが、
担当医の先生が親切に応えてくれたので手術を決意したそうです。


手術も簡単に終わり、帰り道にはすぐに効果が現れたそうです。
町を歩いていても物がはっきりと見え、「この効果はすごい!」と感動したそうです。


今までに、色々な視力回復法を試してきた彼女は、
レーシックに関してもあまり大きな期待をしていなかったようなので、
驚きも大きかったそうです。


周囲から批判の多かった目つきもよくなり、
「笑顔が多くなった」「顔つきが優しくなった」と良い評判に変わっていったそうです。

品川近視クリニック レイシック 〜25歳大学院生〜




25歳の大学院生の体験談です。


彼は小学生の頃から視力が悪かったようですが、
大学受験の頃には眼鏡を手放せないほどに視力が落ちてしまったそうです。


研究のために顕微鏡を見たりすることも多く、
眼鏡がうっとうしいと感じていました。


といっても、コンタクトは手入れが面倒だと敬遠しており、
何とかならないかと思っていたそうです。


そんな時、就職した友人に久しぶりに会い、
レーシックの話を聞いて手術してみようと思うようになったそうです。


大学院生という立場なので、一番気にかかるのが料金のことでした。
そこで、いくつかの眼科を調べ、
一番料金の安い品川近視クリニックに決めたそうです。
(※ちなみに管理人の友人が大学受験についてのサイトも運営していますので、もしよかったらこちらもどうぞ)


最初の内はかなり大げさに考えていたので、
手術が思ったよりもあっさりと終わることに驚いたそうです。


手術の翌日、少し目が痛かったので「失敗か?」と心配になったようですが、
検査してもらうと問題がなかったそうです。


手術後1週間位は、ドライアイもひどかったそうです。
しかし、今では何の問題もないようです。


視力も完全に回復し、眼鏡のない生活を満喫しているそうです。

品川近視クリニック 紹介 〜オートバイ好きのMさん〜




30代後半のオートバイ好きの男性の体験談です。


彼は目が悪く、眼鏡をしないとオートバイに乗れないのが悩みでした。
コンタクトレンズの使用も考えたようですが、
目の中に物を入れることに抵抗があってできなかったようでした。


雑誌などでレーシックの記事を見る度に気にはなっていたようですが、
遂に手術を決意しました。


それまで手術に踏み切れなかったのは、
やはり目を手術することへの恐さだったそうです。


その心配も、検査の時にきちんと説明してもらい多少は解消されたものの、
やはり当日は不安だったようです。


手術はすぐに終わり、
光の渦を見ているうちに気が付いたら終わっていた感じだったそうです。


手術中に、先生が「大丈夫ですよ〜。順調ですよ〜」と
声をかけてくれていたのが印象に残っているそうです。


手術後1時間ほどの間は、何だか白濁している感じだったようですが、
少しずつ目が見える実感が沸いてきたそうです。


しばらくはピントが合わずに困ることもありましたが、
2〜3日すると違和感もなくなったようです。


まだ、裸眼の自分の顔に違和感があり、鏡を見るのが恥ずかしいとのことですが、
視力がもどった喜びをかみしめているそうです。


眼鏡をかけずにオートバイに乗るという願いも叶い、
ますますオートバイライフを楽しんでいるそうです。

品川近視クリニック 掲示板 〜2ちゃんねるでも絶賛〜




2ちゃんねる好きのNさんの体験談です


彼女は小学校中学年位から近視になり、
中学生から眼鏡生活がスタートしたそうです。


高校生になると外見を気にするようになり、眼鏡が嫌になり、
バイトをしてコンタクトを買うようになったそうです。


眼鏡がダサいと考えられていた時代だったからです。
大学生になりレーシックを知りましたが、当時は60万円もする手術のため、
高値の花でしかありませんでした。


社会人になって数年後、知り合いがレーシックを受けた話を聞き、
レーシックに対する興味が再発したそうです。


2ちゃんねるユーザーの彼としては、2chで検索し、
レーシックの情報を集めたそうです。


2chのレーシックスレッドでは、品川近視クリニックが絶賛されていました
宣伝用の自作自演の可能性を疑いながらも、
投稿数の多さに大丈夫だろうと考えたそうです。


そして、何よりも料金が一番安かったことが
品川近視クリニックに決定した決め手だったそうです。


手術も順調に行われ、視力も両目とも1.5まで回復したそうです。
手術中には痛みは無かったようですが、当日の夜に内出血があったそうです。


今では、彼自身も2chで品川近視クリニックを絶賛する人の一人になったそうです。

品川近視クリニック
詳細はこちらから