品川近視クリニックの評判、口コミなら

品川近視クリニック の評判.com > バイク好きのHさん・レーシックでいいことずくめ!Aさん・右目が炎症を起こしてしまったFさんの体験談

バイク好きのHさん・レーシックでいいことずくめ!Aさん・右目が炎症を起こしてしまったFさんの体験談

-->

品川近視クリニック 評判 〜バイク好きのHさん〜




40代の会社員男性の体験談です。


彼は、小学生の頃から目が悪くなり、メガネを掛けて30年以上の人でした。
細かい文字の書類を見る時など仕事中に不便を感じたり、
度数が合わなくなってきたりして、メガネに嫌気が差していたようです。


そして、裸眼へのコンプレックスがかなりあったようです。
彼はバイクが好きなのですが、たまたま愛読書のバイク雑誌に
品川近視クリニックのレーシックの広告を見つけ、
電話したのがきっかけだったそうです。


いろいろとしつこく質問したのにも関わらず、
丁寧に対応してもらえたようです。


レーシックを受ける決意をしたものの、
100%安心というわけにはいかなかったようです。


五感の一つである目を手術するであるから、仕方ないかもしれません。
しかし、前日も当日も医師やスタッフが親身になって声をかけてくれたので、
落ち着いて手術が受けられたようです。


レーシックを受けたあとは、メガネやコンタクトのわずらわしさから解放されたのが、
「受けてよかった」と実感させたそうです。


好きなバイクに乗る時、メガネがないのでヘルメットをスッと被れることと、雨の日に目の前に水滴が無くなって視界が広がったこともうれしかったそうです。
バイク仲間にも勧めたいと考えているようです。

品川近視クリニック 口コミ 〜レーシックでいいことずくめ!Aさん〜




30代の自営業の女性の体験談です。


彼女は20歳を過ぎた頃から視力が落ち始め、
メガネとコンタクトレンズが不可欠になっていきました。


その上、少し疲れると目が充血したり、
目やにがとまらなくなったりすることもあったようです。


彼女は仕事の都合で6年間アメリカで生活しており、
その頃からレーシックに興味を持っていたようです。


40歳を過ぎると老眼が始まるという話を聞き、
30代のうちに手術をしてしまおうと考えたようです。


レーシックを受けることを決めてからは、早く手術したいという気持ちが大きく、
恐いとか心配とかいう気持ちはほとんど無かったようです。


レーシックは目を開けたままの手術ですが、
検眼とほとんど変わらない感じで、痛みもほとんどなかったようです。


手術後から、視力の上昇を実感できて感激したそうです。
手術前に、「手術の後が痛いらしい」と脅されていたため心配していたが、
翌日には普通の生活ができたそうです。


裸眼で何でも見えることが、とにかくうれしくて仕方がないとのことでした。
メガネやコンタクトをすることで生じていた結膜炎や偏頭痛からも解放されて
レーシックに感謝しているそうです。


疲れ目でできていた目の下のクマと三重になったまぶたが元に戻ったり
眼精疲労による肩こりも解消されたようです。
まさに、良いことずくめと周囲にも勧めているようです。

品川近視クリニック 最低 〜右目が炎症を起こしてしまったFさん〜




20代のフリーターの女性の体験談です。


彼女は品川近視クリニックで
スーパーイントラレーシックを受けたそうです。


手術に先駆けて検査を受けたようですが、
流れ作業のような検査に不安を感じながらも、
効率がいいからだろうと自分に言い聞かせたそうです。


検査の二日後にはすぐに手術を受けたものの、
恐くて仕方なかったそうです。


しかし、手術中の痛みはほとんどなく
レーザーを当てている時も光線が見える程度のようです。


時間が短くてびっくりした印象のようでした。
術後に麻酔が切れた頃から目が痛くなり、涙が止まらなくなったそうです。


翌日になっても痛みが治まらないため、目薬をもらったそうです。
なんでも、右目が炎症を起こしたようでした。


右目より左目の方がゴロゴロした感じが強く違和感があったので、
「あれ?」と思ったそうです。


その後一週間位は痛みが続き、目薬をさしていたようです。
2週間ほどで痛みが無くなっていき、炎症もおさまったようです。


視力に関しては、手術後すぐに視力が良くなったことを感じ、
3ヶ月ほどで安定して見えるようになったそうです。


品川近視クリニックはオススメですが、
予約が取れないことが少し不安のようでした。

品川近視クリニック トラブル 〜内出血してしまったNさん〜




化粧品販売の仕事をしている30代の女性の体験談です。


彼女は、乱視のためにコンタクトをしても0.9以上にならないうえ、
アレルギーでハードコンタクトが使用できませんでした。


1Dayタイプやソフトのコンタクトレンズでもゴロゴロするために、
眼鏡を使用することが多かったようです。


化粧品販売という仕事上、あまり眼鏡はふさわしくないと考え悩んでいた所、
レーシックを知ったそうです。


彼女は、カナダに短期留学していたことがあるのですが、
カナダでもレーシックが評判で気になっていたようでした。


検査の時にお世話になったスタッフさんと仲良くなったため、
手術当日にも声をかけてもらいうれしかったそうです。


手術中は、痛みやゴロゴロ感もなくアッという間に終わった印象のようでした。
ただ、術後に近くが見にくくて目の疲労を感じたので、
「手術が失敗したのでは?」とかなり不安になったそうです。


しかし、検査してくれた医師の対応が親切だったので、安心したようです。
目の疲労は、右目が内出血していたからでした。


内出血が治まった1週間後位から、目がボヤける感じもなくなり、
視力が良くなったことを実感するようになった
そうです。


カナダでレーシックをしった彼女ですが、品川近視クリニックに関わらず、
日本の眼科の方がアフターケアが充実しているのでオススメとのことでした。

品川近視クリニック ブログ 〜40代主婦Gさん〜




40代の主婦の体験談です。


3年前にレーシックの手術をし、
左右ともに0.01だった視力が1.2まで回復したそうです。
合併症や後遺症などもなく、順調に過ごしているそうです。

彼女は、中学生位から徐々に視力が下がり始め、
眼鏡やコンタクトがないと生活できないような状態だったそうです。


近視に加えて乱視があったのに加えて、眼鏡が似合わないので、
コンタクト中心の生活だったようです。


彼女は、ハードコンタクトを使用していたそうですが、
ハードは手入れが大変で面倒だったようです。


汚れが付きやすい上に中々洗えない・・・
しかし、それは目に良くないからと使い捨てコンタクトを使うこともあったようですが、
彼女の目には合わなかったようです。


やはり、主婦なので、
毎日使い捨てるのがもったいないような気になったりもしたようです。


結局、ハードコンタクトを使い続け、ドライアイになってしまったそうです。
で、眼科に行ったところ、コンタクトを止めるように言われ悩んでいたそうです。


そんな時に、たまたまタクシーの広告でレーシックを知り、
急いで家に帰ってインターネットで調べたそうです。


色々な眼科を比較検討し、一番価格の安い品川近視クリニックに決めたそうです。
眼鏡もコンタクトも必要ない生活を満喫し、
目の悪い知り合いにはレーシックを勧めているそうです。

品川近視クリニック
詳細はこちらから