品川近視クリニックの評判、口コミなら

品川近視クリニック の評判.com > 会社員(男性)・自営業(女性)・フリーター(女性)の体験談!!

会社員(男性)・自営業(女性)・フリーター(女性)の体験談!!

-->

品川近視クリニック 口コミ 〜旅行好きの女性〜




旅行好きの女性のレーシック体験談です。
旅行に行く時には、万が一の時のために予備のコンタクトを持って行きます。
その心配がなくなったことがうれしいそうです。


以前からレーシックには興味を持っていたようですが、
目の手術ということでやはり不安が大きかったようです。


しかし、品川近視クリニックのスタッフが優しく対応してくれたので
リラックスした状態で手術を受けられたとのことです。


ドクターが、手術中にずっと声をかけてくれたのも、
安心感を与えてくれたようです。


視力は、右が0.1から1.2
左が0.3から1.5に上昇しました。


朝晩にコンタクトを付け外しする煩わしさから解消された
裸眼での生活を満喫しているとのことです。


手術するまでは、不安で中々行動に移すことができなかったようですが、
手術後には、もっと早くレーシックしておけば良かったと
後悔するほどになっているようです。


今では、同じように目の悪い旅行仲間にもレーシック手術を勧めているとのことです。

品川 近視 クリニック 評判 〜スポーツ好きの男性〜




スポーツ好きの男性のレーシック体験談です。
スポーツする時には、眼鏡やコンタクトを必要することが多いですが、
やはり煩わしいですよね


眼鏡だと激しい運動ができないですし、コンタクトにしたとしても
ホコリで目が痛くなるなど目を気にしながらスポーツする場合も多いです。


彼の場合、目を気にしてするのを躊躇っていた
ビーチバレーに挑戦することができるようになったそうです。


ビーチバレーは砂埃が立つので、
コンタクト着用でするのは辛いものがあるようです。


また、水泳などの水に入るスポーツも
気兼ねなくできるようになったのがうれしいそうです。


左右ともに0.1なかった視力が、
レーシック手術後には1.0になった
そうです。


手術はあっという間に終わり、ほとんど覚えていないとのことでした。
裸眼なのにコンタクトをしている時と同じ視力があるため、
時々コンタクトをしているような錯覚に陥るそうです。


朝起きてすぐに部屋の様子が見えるのが、とてもうれしいとのことです。
視力が回復したことで、スポーツに限らず生活が一変したそうです。


彼によると、レーシックはきちんとした説明と設備のある所
手術するのがいいとのことです。

品川近視クリニック 後遺症 〜精神的に参ってしまった主婦〜




小さな息子さんのいる30代の主婦の体験談です。


子育てがひと段落つき、そろそろ働き始めようと考えるようになり、
近視を治して嫌いなメガネやコンタクトとさよならしたいと
考えるようになったそうです。


また、ドライアイが酷いこともあり、
レーシック手術を受ける決意をしたそうです。


手術前の視力は0.1前後だったそうです。
手術費用は、183000円とかなりな額でしたが、
後に保険で5万円戻ってきたそうです。


レーシック手術をして視力は上がったのですが、
彼女の場合、思う以上に視力が良くなりすぎてしまったそうです。


そのため、
精神的に参ってしまい精神安定剤を服用するまでにいたってしまったのです。


手術自体は成功しているので、失敗を訴えることはできません。
最後には、再手術をすることになったそうです。


品川近視クリニックでも、再手術を行う症例が結構あるようです。

品川 近視 クリニック 評判 〜28歳OLさん〜




28歳のOLの体験談です。
彼女は中学生の頃から視力が悪くなり、
高校生の頃から13年間コンタクトを着用していたそうです。


裸眼での生活に憧れていた彼女は、
2年ほど前からレーシックに興味を持ち始めたのだそう。


そして、いくつかの近視眼科のオリエンテーションに参加した後、
品川近視クリニックでの施術を決めたそうです。


オリエンテーションでの説明がしっかりしていたにしても、
前日はかなり不安だったそうです。


手術時間はとても短くて驚いたそうです。
手術の翌日は、左目の方が少しぼやけていた感じがしたそうで、
あまり視力の回復を感じなかったそうです。


そして、手術後1週間もすると、
両目ともはっきりと見えるようになったそうです。


ただ、朝目を覚ました時に目が少し渇くのが気になるようです。
それも、まめに点眼を行えば解消される程度のことで、
不自由を感じることはないようです。


彼女がレーシックを受けて一番良かったと感じていることは、
メガネをしなくても部屋の景色が見えたり、
お風呂に入っている時に周りの物が見えたりすることだそう。


外の景色もはっきり見えて感激したそうです。
夢の裸眼生活を満喫している彼女は、友人にもレーシックを勧めているそうです。

品川近視クリニック 口コミ 〜30代会社員男性〜



30代の会社員男性の体験談です。


彼は20歳を過ぎた頃から目が悪くなり、視力がどんどん落ちてきて、
コンタクトを着用するようになりました。


コンタクトの煩わしさに苦労しながらも半分諦めかけていた頃、
友人からレーシックの話を聞いたそうです。


レーシック手術をした友人から、レーシックのすばらしさを聞いて、
自分もと思うようになりました。


スポーツ好きの彼は、週末には必ず
野球・フットサル・スノーボードなどをしています。


コンタクトの力を使わず自分の目でスポーツがしたいと思い、
手術を決意したそうです。


また、日々のコンタクトケアがなくなることに対する期待も
決意を後押ししたようです。


品川近視クリニックでは、手術の前に十分な検査とカウンセリングを行います。
目の手術なだけに不安な人が多いけれど、
少しの勇気を持ってレーシック手術を受けて欲しいと彼は言っています。


手術の前にはいくつもの検査をこなしており、
不安よりも安心感の方が強かったそうです。


手術後、少しぼやけながらも1.2まで回復した視力は、
1週間後には2.0まで回復したそうです。
見える喜びを、他の人にも味わって欲しいと考えているようです。

品川近視クリニック
詳細はこちらから